教師辞めたブログ

教師辞めたブログ

教育、漫画、ネタを勢いで書く雑記

動物園なのに無料!? 横浜の野毛山動物園に実際に行ってきた感想

「一列モルモット一列モルモット」のフリー写真素材を拡大

 

あなたは最近ドキドキ・ワクワクしていますか?

 

僕は家でゴロゴロとして退屈でたまりません。あぁ、子供のときのようにはしゃぎたい。刺激が欲しい。

 

でもネックなのはお金の問題。どんな遊びもお金がかかりますからね。無職にはきつい……

 

と思ったら、なんと横浜に無料で本格的な動物園があることを聞きつけました

 

動物に無料で会えるだと!? 行くしかない。

ということで、実際に行ってきました!!

 

入場

 

今回行ってきたのはこちら

 

f:id:dukaoni:20170529224859j:image

 

野毛山動物園です

 

f:id:dukaoni:20170529224918j:image

 

出入口。

 

楽しいことの始まりって何歳になってもワクワクします。旅行の前日に楽しみで寝られないような。

 

f:id:dukaoni:20170529224853j:plain

 

f:id:dukaoni:20170529224927j:image

 

お土産屋は出入口の隣にあります。帰るときに寄っていくのもアリですね

 

f:id:dukaoni:20170529224928j:image

 

日にち付きのフォトスポットは、見返したときに思い出しやすくて地味に嬉しい。

 

よし、それでは行ってみよー!!

 

園内

 

最初の出会いは鳥

 

入口から一番近い場所で出会えるのは様々な鳥たちです

 

f:id:dukaoni:20170529225051j:plain

 

たくさん種類がいるんだなぁ

 

f:id:dukaoni:20170529224956j:image

 

シロトキ。

 

絶滅危惧種のトキとは別物。残念ながらトキは絶滅してしまいました

 

f:id:dukaoni:20170530135934p:plain

 

トキ。

 

こちらもラオウにやられて絶滅しました

 

f:id:dukaoni:20170529225044j:image

 

赤い!! 初めて見る鳥です。

 

名前はショウジョウトキといい、シロトキと体系・習性が同じ

 

野毛山動物園の活動

 

野毛山動物園は様々な活動を行っています

 

f:id:dukaoni:20170529225056j:image

 

毎年4月頃にボランティアを募集しています。客としてではなく、従業員として働くとまた新たな視点が見えるでしょうね

 

f:id:dukaoni:20170529225103j:image

 

なんと野毛山動物園は入園料が無料!!

 

色んな人に支えられているんだなぁ

 

f:id:dukaoni:20170529225109j:image

 

動物の保護も行っています。動物園の重要な役割ですね

 

動物あれこれ

 

f:id:dukaoni:20170529225123j:image

 

お?

 

f:id:dukaoni:20170529225134j:image

 

レッサーパンダだ!!

 

今回は残念ながら、立っているところは見られず。活発に動き回っていて写真を撮るのに一苦労しました

 

f:id:dukaoni:20170529225145j:image

 

ペンギンもいます。ひょこひょこ歩いていて可愛い

 

f:id:dukaoni:20170529225151j:image

 

この日の気温は暑かったので水で泳いで気持ちよさそう

 

f:id:dukaoni:20170529225347j:plain

 

鳥仲間の白鳥も。餌を食べるときにキリンみたく、首をぐーんと伸ばしていてびっくり

 

f:id:dukaoni:20170529225157j:image

 

豆知識。鳥って耳たぶがないんですね!!

 

でも耳たぶってそもそも何のためにあるんだろう……

 

横浜メダカ

 

f:id:dukaoni:20170529225205j:image

 

横浜メダカの会!? なんじゃそりゃ?? と気になって見ることに。

 

f:id:dukaoni:20170529225219j:image

 

中に横浜メダカについての説明がありました。

 

横浜固有のメダカがいるんですね。しかも野生では絶滅しているので、野毛山動物園が保護しています。

 

動物の鑑賞だけでなく、保護という重要な役割を担っているんですね。動物園の持つ力は人間界だけでなく、動物界全体にとって有意義なものなんだなぁ

 

f:id:dukaoni:20170529225224j:image

 

肝心の横浜メダカはこちら。

 

強く生きてくれ!!

 

戦闘力53万

 

メダカから一転して、非常に強い動物にも出会いました

 

f:id:dukaoni:20170529225245j:image

 

 

絶対強い。

 

雄として、(絶対こいつには勝てない……)って悟るときあるじゃないですか。それを感じました

 

f:id:dukaoni:20170529225249j:image

 

熊は見ている間、首をずーっと振っていました。

 

これは常動行動といい、逃げ場のないストレスにさらされると起きるもので人間にも起こります。

 

どんなに強い熊でも檻の中に閉じ込められてストレスを感じているんですね。ちょっぴり切ない

 

触れ合い体験

 

野毛山動物園では動物を見るだけでなく、実際に触って触れ合うことができます!!

 

動物はハツカネズミ、モルモット、ニワトリの三種類です

 

体験するには

 

体験は20分ごとの総入れ替え制で、1回の定員は150名

 

f:id:dukaoni:20170529225114j:plain

 

タイムテーブルはこんな感じ。

 

f:id:dukaoni:20170529225137j:plain

 

体験をするための整理券は会場のすぐ近くで配られています

 

f:id:dukaoni:20170529225140j:plain

 

整理券を貰ってきました。15:10分からの体験です

 

f:id:dukaoni:20170529225257j:image

 

体験5分前に集合して注意事項や説明を聞きます。みんなでルールを守って、動物も人間も気持ちよく体験できるといいですね

 

体験開始

f:id:dukaoni:20170529225301j:image

 

まずは小さいハツカネズミからスタート

 

f:id:dukaoni:20170529225306j:image

 

角にたくさんいます。逃げるのでなかなか乗せられない

 

f:id:dukaoni:20170529225312j:image

 

手に乗せるのに成功!

 

小さくて可愛い。尻尾が長くてミミズみたいです

 

f:id:dukaoni:20170529225315j:image

 

手のひらサイズ。目が赤いのはなんでだろ?

すばしっこく走り回るので、見失って迷子にしてしまわないように注意。

 

ハツカネズミを触りながら周りを見渡すと、驚くような光景が目に入ります

 

「ねぇ、ねぇ!! 大人のハツカネズミがいる!! 」

 

f:id:dukaoni:20170529225326j:plain

 

でかい!!!!

 

と思ったら、白いモルモットでした。白くて目が赤いのでハツカネズミの大人かと勘違い。

 

本気でびっくりしました(馬鹿がバレる)。手のひらサイズのハツカネズミがこんなに大きくなるのか!? と。

 

その後、ハツカネズミにさよならを告げて、モルモットを膝の上に乗せました。

 

f:id:dukaoni:20170529225321j:image

 

撫でていると目がうつろになって眠たそう。かわいい

 

f:id:dukaoni:20170529225331j:image

 

今度は黒茶のモルモット。目がぱっちりしていますね。モルモット界の石原さとみ。

 

さとみは大人しくて膝の上から全然動きません。というよりも、どのモルモットも膝の上で静かに大人しくします

 

大人しさ、可愛さで疲れた心を癒してくれました

 

f:id:dukaoni:20170530134133j:image

 

なんとニワトリまで抱っこできる。

「カラアゲ」と名付けました

  

ちょっと休憩 

 

野毛山動物園では、都会の喧騒を離れた自然を感じられます

 

f:id:dukaoni:20170529225336j:image

 

マイナスイオン出てるー!!

 

f:id:dukaoni:20170529225341j:image

 

まさに自然。本当にここは横浜か? と思わず疑ってしまいます

 

こういう楽しませ方に、野毛山動物園の意識の高さを感じますね

 

休憩おわりっ!!

 

注意

 

親からはぐれたヒナ鳥を見つけたときに、(可哀想だから)と持ち帰って保護していませんか?

 

助けてあげなきゃ。 という気持ちはわかりますが、そのままにしておかないとダメ(僕もここで初めて知りました)

 

f:id:dukaoni:20170529225358j:image

f:id:dukaoni:20170530133944j:image

 f:id:dukaoni:20170530134413j:image

 

f:id:dukaoni:20170530134444j:image

 

_人人人人人人_
>  誘拐  <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

誘拐ワロタ。でも親鳥からしたら誘拐以外の何物でもないですよね。

 

もしヒナ鳥を見つけてもそのままにしておきましょう。安易に持ち帰ると親鳥に恨まれます

 

猿登場

 

f:id:dukaoni:20170529225408j:image

 

猿ゾーン。猿ってどうしてあんなに身軽なんだ

 

f:id:dukaoni:20170529225412j:image

 

天井だろうが横だろうが、スイスイと動き回ります

 

人間だと考えられませんね

 

f:id:dukaoni:20170529225428j:image

 

アカエリマキキツネザル、別名ニート

 

僕の仲間です。カゴの中に入ろうかと思いました

 

f:id:dukaoni:20170529225436j:image

 

見てください、このダラケ具合。

 

f:id:dukaoni:20170529225437j:image

 

とんでもなくダラケてる。木に寝転がるだけであとは何もしません

 

僕も仲間になる資格があります

 

f:id:dukaoni:20170529225438j:image

 

まだまだダラケます。気持ちのいいくらいダラケるので見ていて清々しい

もし襲われたらどうするんだろ?? それでもダラケてそうだなぁ……

 

仕事ってなんなんだろう って思ったときに会いたい動物。

 

動物いろいろ

 

f:id:dukaoni:20170529225440j:image

 

こんなにたくさんのフラミンゴは初めて見ました

 

f:id:dukaoni:20170529225445j:image

 

動物園で定番のキリン

 

f:id:dukaoni:20170529225454j:image

 

スズメだって

 

f:id:dukaoni:20170529225501j:image

 

ライオンだっています。動物さんたち大集合だ、わいわい。

 

ライオンの咆哮は低くて渋みがあって、王者の風格が漂っていました。

 

爬虫類

 

f:id:dukaoni:20170529225505j:image

 

こんなに小さい赤ちゃん亀が

 

f:id:dukaoni:20170529225510j:image

 

デカく成長!!

 

亀すごい。長生きのコツを聞いてみたい。そして動きトロい。

 

f:id:dukaoni:20170529225514j:image

 

とりあえずでかかったので撮ったヘビ。でかさはロマン。

 

巻きつかれたら絞め殺されそう

 

動物おわりっ!!

まとめ

 

先にも書いたように野毛山動物園は無料です

 

f:id:dukaoni:20170529225520j:image

 

こんなに楽しませてくれてありがとうっ!! ってことで200円募金してきました

 

このお金は具体的に4つの事業に使われます

  • 来園者の利便性向上のための事業
  • 動物展示の魅力向上のための事業
  • 野生動物の保護に関する事業
  • 来園者の満足度向上のための事業

 

200円でも相当少ないですけど、僕はアカエリマキキツネザル(無職)だから勘弁して―!!

 

これだけしっかりした動物園なのに無料……

もしかして悪の組織が経営しているの?

 

 f:id:dukaoni:20170530233217j:image

 

と、若干心配をしたのですが、みんなに支えられて成り立っているんですね

 

野毛山動物園は無料で、動物がたくさんいて、しかも触れ合える、子供から大人まで楽しめる動物園。何歳になっても動物は僕たちをワクワクさせてくれますね

 

ぜひ行ってみてください!! 

 

営業期間 開園:9:30~16:30 入園は16:00まで
休園:月 (祝日の場合翌日)※5・10月は無休です。
休園 :12月29日~1月1日
所在地 :神奈川県横浜市西区老松町63-10 
電話番号 :045-231-1307
交通アクセス (1)日の出町駅から徒歩で10分
       (2)桜木町から徒歩で15分

 

おわり