教師辞めたブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教師辞めたブログ

教育、漫画、ネタを勢いで書く雑記

いじめ被害者が社会復帰できないのっておかしくね?【元教師】

 

先日、大学時代の友人と久しぶりに会って、ご飯を一緒に食べてきました。お互いの近況を話して、懐かしいなぁもう大学卒業から一年経つのか…なんてしみじみ。

 

しかしどうしても許せない話を一つだけ聞きました。友人の2つ上の兄(26)のことです。友人の兄は高校時代のいじめがトラウマで大学を辞め、8年間家にひきこもっています

 

これっておかしくないですか??

 

何も悪くない被害者が未だに苦しみ続けているのに、加害者は今も普通に生活している。おかしい。おかしすぎます。

 

友人の兄についてブログに掲載する許可をもらったので、書きます。全て実話です

 

友人兄について

 

友人兄は高校3年生のときに、女子グループからいじめを受けました。直接悪口を言われたり、物を隠されたりといった嫌がらせは、着々と心を蝕み続けます

 

高校を卒業するまでいじめは続き、友人兄は大学へ進学。いじめが終わったことで明るい生活が待っているかと思いきや、いじめを受けたことがトラウマになり、遂には幻覚が見える統合失調症を発症します

 

統合失調症

統合失調症に共通する症状は、精神分裂症(精神機能の分裂症)と呼ばれる状態で、思考や感情がまとまりにくくなる。自閉や連合障害からくる脳の疲弊によって、一部の患者では特徴的な幻覚や妄想を発症する頻度が少なくない。そのため、罹患者が本来有している知的水準や身体能力から期待される役割遂行能力が顕著に障害されることがあり、回復には治療や社会的援助が必要とされる。
認知、情動、意欲、行動、自我意識など、多彩な精神機能の障害が見られる。大きく陽性症状と陰性症状の二つがあげられ、他にその他の症状に分けられる[10]。全ての患者が全ての症状を呈するのでないことに注意が必要である。
WHOによる国際的予備研究によれば、最も多く見られる症状は幻聴や関係念慮であり、患者の約70%に認められた[10]。

統合失調症 - Wikipediaより引用

 

大学に行く回数も減り、入学してから一ヶ月経った5月に大学を辞めて、実家へと戻ってきました

 

統合失調症は幻覚と現実の区別がつかないので、深夜に

 

「お前俺の悪口ばっかり言いやがって!!」

 

と寝ている友人に突如殴りかかってくることも。

 

いじめは終わったあとも被害者に消えない傷を植え付けます。友人兄は深く傷ついて、今もその傷は消えていません

 

被害者の家族も傷ついています。両親はもちろんのこと、友人も深く悩んでいました

 

「親が死んだらお兄ちゃんのことどうしよう……」

 

と話す友人に、わたしは何と声をかければよいかわかりませんでした

 

被害者が不利益を被るのはおかしい

 

友人兄はそれから8年間、ずっと引きこもっています。家族とは話せますが、他人と話すのは怖くてコンビニに行くこともできません

 

それなのに。

 

加害者は友人兄の苦しみを何も知らずに、いじめたことなんてすっかり忘れて、笑顔で暮らしています

 

絶対おかしい!!

 

被害者が苦しんでいるのに、どうして加害者は普通の生活が許されているのでしょうか

 

逆じゃないですか?

 

加害者がいじめたことに対して負い目を感じて今も苦しみ、被害者はいじめられたことを忘れて元気に暮らしている。これなら納得がいきます。というかこれじゃないとおかしい

 

一生消えない傷を植え付けておいて、自分は普通に暮らしているなんて許せません

 

いじめられた被害者が転校する話もよく聞きます。その学校に通わせる価値がないというのも頷けますが、これもよく考えるとおかしい。学校側は被害者ではなく、加害者を転校させるべきですよね?

 

「転校するのは待ってください!!加害者たちを転校させます!!」、と。

 

被害者は悪くないのだから

 

何も悪くないのに、どうして被害者側が引っ越さなければいけないのでしょう。わたしには理解できません

 

学校だって被害者がいなくなるより、加害者がいなくなった方がよくなります。転校先の学校でもまたいじめるかもしれませんが……

 

最後に

 

友人兄はいじめに人生を大きく変えられました。もしいじめられていなければ、今も元気に友達と遊んでいたかもしれません

 

そして兄について悩む友人の気持ちを考えると胸が痛み、友人兄へいじめを行った加害者たちに沸々と怒りが湧いてきます。わたしは集団で一人をいじめたり、弱いものを狙ったりする、姑息で汚いことが大嫌いです

 

友人兄が回復して、一日も早く復帰できることを願っています

 

おわり