教師辞めたブログ

教師辞めたブログ

教育、漫画、ネタを勢いで書く雑記

人との別れが苦手。辛い思い出より楽しかった思い出が浮かんでくる

 

3月と言えば別れの季節。学生なら卒業式があり、最高学年は進学や就職といった次のステージへと進みます。たとえ最高学年でなくても1年生は2年生に、2年生は3年生へと学年が1つ進級し、今までと同じ生活は4月からはもうできません

 

f:id:dukaoni:20170317231345p:plain

 

企業でも同じように別れがあります。転勤で4月からは全く別の場所で働く人は、3月でその地とはお別れです。ほかに退職する人もいれば、部署が変わる人もいるでしょう。

 

わたしは別れの中でも特に人との別れが苦手で、いつも3月にはなんだか暗い喪失感に包まれます。なんだか心にぽっかりと穴が開いてしまったような……

 

f:id:dukaoni:20170317231103p:plain

 

4月になれば、新しい出会いがあってワクワクするのはわかっています。別れのこともその頃には大して気になっていないでしょう

 

頭では分かっているのですが、どうしても心が言うことを聞かないのです。これはわたしが弱い人間だからなのでしょうか

 

今、半端なく思い入れのある人たちとの別れが、目前に迫っています。感傷に浸っている女々しい男の話を聞いてください

 

きもい?それで結構!!

 

  

もう会えないことが辛い

 

別れの何が辛いって、もう会えなくなること。今まで毎日当たり前のように会えてた人が、もう会えなくなる。もしくは会うのが年に数回のみに減る。

 

大学を卒業してから、遠く離れてしまった友人と一度も会えていません。会おうと思わなくても会えていた人に、会おうと思わなければ会えなくなりました。しかも会うのには時間もお金も非常にかかる。大学時代は徒歩数分の距離だったのに。

 

その友人と大学生のときにした今でも覚えている会話があります

 

わたし「また今日もダーツと卓球かよー」

 

「1年後には、今の何気ない日々に戻りたいと思ってるかもよ?」

 

友人の言う通りになりました

 

別れがあるから出会いがある?そんなのわかってる

 

最高学年が卒業するから、新入生が入ってくる。退職者がいるから、新入社員が入ってくる。それはわかってるんです。いつだって空いた枠に新しい枠が入っています。

 

人間だって、亡くなる人がいるから生まれる人がいるのでしょう。もし誰も亡くならなければ、地球は人間で溢れかえって未曽有の事態が訪れます

 

でもだからといって親友や両親、伴侶が亡くなったら「別れは必ず来るからね」と割り切れますか??

 

わたしにはできません。故人との思い出に暫く浸り、時には泣くこともあると思います

 

女々しい

 

まさにその通りでしょう。女々しい人はわたしも大嫌いです。でもその大嫌いな人に自分がなっています

 

他人事だったら、「仕方のないことじゃん」と言うかもしれません。理屈のみで考えると、冷たくて容赦のない言葉が頭に浮かんできます

 

なのに自分事だと感情が入ってしまって、うまく割り切れないのが情けないです。他人にはいくらでも言えるのに。

 

 

思い出されるのは楽しかった思い出ばかり

 

今別れが迫っている彼らにはひどく傷つけられました。心を折られるようなことを何度も言われました。嘘も何回もつかれました。もうしないと約束したのに、何回も裏切られました。

 

でも今になって思い出すのは、楽しかった思い出ばかりです。辛くて(もうやってられない!!)と何度も思ったはずなのに。

 

いくら傷つけられても彼らのことが大好きでした。1年間ずっと(こいつら好きだなぁ)と思っていましたが、別れが目前の今になってより一層強く感じています

 

なのに別れてしまう。なんなんだよおおおおおおお!!!!!!!!

 

 

まとめ

 

女々しい男はきもい。しかし女々しくなってしまうくらい辛い別れもある。許してください

 

会える残り2日を大切にします。たくさん話そっと。

 

おわり