教師辞めたブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教師辞めたブログ

教育、漫画、ネタを勢いで書く雑記

不倫をするクズは、人間のフリをやめてゴミ処理場へ帰れ。

 

2016年は有名芸能人の不倫が報じられることが多々ありました。その中には人格者で知られていて、好感度の高い乙武洋匡がいます。


乙武洋匡は、特にネットでの人気が絶大で、2ちゃんねるにも乙武のアンチはいませんでした。Z武と呼ばれて、テレビやTwitterで何か言うたびに「さすがZ武」「俺らのZ武」と支持者が増えるばかり。

 

そんな乙武が妻子を裏切る不倫をして、人柄を支持していた多くのネット住民は落胆します。乙武は小学校教師として働いた経験もあり、教師時代のことを書いた本まで売っています。教え子たちは不倫の事実を知ったときどんな気持ちになったのでしょうか。彼のことは反面教師にしてもらいたいものです。

 

他に、好感度1位のタレントとしてテレビやCMに引っ張りだこのベッキーゲスの極み乙女川谷の不倫相手として報じられています。

 

自分さえよければそれでよくて、川谷の妻が悲しむことは想像できなかったのかな。

 

離婚届を「卒論」と呼んでいるのは、川谷の妻をバカにして見下している証です。まさにゲス。ベッキーがわたしたちに見せていたのは表の顔で、裏の顔は人を傷つけることをなんとも思わない醜いものです

 

この二人の芸能人の不倫騒動にショックを受け、1つの疑問が生まれました。
【どんなに性格がよくても、一生の愛を誓った相手でも、家には自分の大切な子どもがいても、それでもしてしまうくらい不倫は魅力的なのでしょうか】


結婚をしていないので、わたしにはわかりません。不倫経験者の方、教えてください。

 

両親の離婚

わたしの両親は、小学2年生のときに父親の不倫が原因で離婚しました。当時、母と一緒にカーペットのコロコロをして、不倫相手の髪の毛が落ちていないか探したことがあります。黒髪でショートカットの母親とは違う、茶色の長い髪の毛が見つかったとき、母は泣きました。座って泣いている母の背中に抱きつき、「だいじょうぶだよ、ぼくがいるよ」と励ましたことを今でも覚えています。その後、不倫をされたショックで、母は身長が160cm以上あるのに、体重が38kgまで落ちました。

 

1年後の小学3年生のとき、北海道から片道5時間かけて元父親がわたしに会いにきます。そのことについてなんの知らせもありませんでしたが、家に向かって歩いてくる父親の姿を、たまたま窓から見つけました。その瞬間、わたしは部屋に鍵をかけて閉じこもりました。母や叔母が「せっかく北海道から会いにきたんだから」と言っても「顔も見たくない」「今すぐ帰れ」とわたしは泣き叫びました。それから1時間以上、会う会わないのやりとりをしましたがわたしは折れず、元父親は北海道へと帰っていきました。

 

今でも会いたくありません。わたしに半分、クズの血が流れているのを考えると自分が嫌になります。血の繋がり上の父親が不倫をしてしまい、母に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

不倫をするやつはクズ

不倫ってそんなに魅力的なの?と、疑問が生まれたことを前に書きましたが、私の答えは決まっています。

【どんなに魅力的だろうと、不倫をするやつはクズ】

人の皮をかぶったクズです。今すぐ自分の生まれ育ったゴミ処理場へ帰って、そちらで暮らしていただきたい。大切な人を平気で裏切るその腐りきった精神が理解できないし、理解したくもありません。

 

(この人がもし不倫をしたら、生涯わたしは結婚をしない)と決めている人がいます。FUJIWARAの藤本です。藤本が、木下優樹菜を裏切って不倫をするようであれば、もう何も信じられません。自分のことですら信じられません。あれだけ溺愛しているのに不倫をしてしまうならば、もう人間の本能なのでしょう。それならば人を裏切りたくないので、わたしは結婚をしません。
藤本には一生涯、木下優樹菜を愛し続けることを期待しています。

 

さいごに、不倫は多くの人を傷つけます。伴侶が一番傷つくことは言うまでもありませんが、子どもはもちろんのこと、相手や自分の両親、結婚を祝福してくれた友人まで傷つけます。
たった一度きりの人生を、それで台無しにしてしまうのはあまりにもったいない。積み上げるのは難しいけれど、崩すのは簡単だということを覚えておきたいですね

 

 

おわり